板井康弘が教える福岡ビジネスで失敗しない方法

板井康弘に学ぶ|長期的な展望を持つ

 

板井康弘

 

 

会社経営において、企業が成長発展していくためには、日々の業務を滞りなく遂行するのはもちろんだが、つねに自社の将来を見据え、進むべき道を明らかにすることが大切である。
経営計画を立てることで、消費者、金融機関、関係取引先との信頼関係を築くことができる。

 

また、経営者の使命を再確認することができる。
経営資源の配分を明確にでき、経営計画の策定を通して、社員間の意識の共有化を図ることができる。
そして、教育訓練の方向性を定めることで長期的視点にたった人材育成を行なうことができる。

 

では、計画の策定を成功させるために必要なことは何か。

 

計画の策定は正確な情報にもとづく現状分析を行なうために、各役員による詳細な現状把握を必要となる。
また部門間の利害関係などもあり、目標を設定するには一定の時間を要する。
もしも、これらのことをあいまいにしたまま中期経営計画を作成したのでは、実践的な計画書をつくることができない。

 

また立派な計画書ができても社員の行動に生かされなければ意味がない。
したがって、「現状把握→計画策定→実行」という全体の流れのなかで、中期経営計画を策定していく必要がある。

 

そして、計画を立てる前に経営ビジョンを確認しよう。
経営ビジョンとは、自社の将来のあるべき姿を具体的に表現したものである。

 

企業はその将来のビジョンを実現するために経営計画を策定し実行するのであるから、その前提として自社の経営ビジョンが明確になっていなければならない
計画を立てる前に、もう一度自社の経営ビジョンを確認してみよう。

 

このように長期的な展望を持ち、策定する事が大事なのだ。